見た目とインスタブランディングの専門家

背が低い・細い人は絶対にオーダースーツにした方が良い!6つの理由

 
オーダースーツ
この記事を書いている人 - WRITER -
見た目ブランディングの専門家/インスタグラムのプロデューサー/20,000人以上フォロワーさんがいます/インスタグラムのオンラインサロン運営/関西でファッションコーディネーターとしても活動中 関西にいる子供2人のパパです。 みんなでワイワイ楽しむことが大好きです。
詳しいプロフィールはこちら

どうも〜yappyです!

コンビニでお釣りをもらう時に
男性の店員さんに手をギュッとされて
渡されました。

不思議な気持ちですw

背が低い人や細い人は迷わずオーダースーツにしよう!

これだけは声を“大”にして
言いたいですが、
小さい人・細い人もスーツは・・・



似合います!

 

 そして・・・


カッコよく着れます!


小さい人・細い人はスーツ似合わないと
思ってる人が多すぎです。

世の中も含めて・・・。

たしかに背の高い人や
スタイルがいい人は
スーツに限らず、何着たって
かっこいいです。

同じステージで
戦わないでくださいw

しかし!

小さい・細い人だって
スーツは
カッコ良く着れます!

小柄で元オーダースーツを
販売してた
僕が言います!

絶対!絶対!〜〜

似合うっしょ⤵︎⤵︎〜〜
(尻すぼり)w

がっ、条件があります。

スーツはオーダーに限ります!!!

カジュアルスタイルは
ティストによって、少しぐらいの
ゆとりはいいとしてスーツは
お願いですからジャストで
着てください!

スーツはサイズが命です!

ファッションもサイズが命です!

⇨yard-styleです!

しかし背が低い、細い人がジャストで
買えるお店はこの世に

・・・ないです!!

なぜなら僕自身が買えたことが
なかったからです・・・。

既製品は大きいと理解しよう(大切)

メジャーの画像

僕は168センチの55キロなんですが、
ジャストで既製品(お店で買えるスーツ)

を着るとやっぱり大きいです。

なので既製品でスーツを買うのは
オススメしません。

既製品の方が安いですし、
すぐに着れるかもしれません。

探せば既製品であるんでしょ?

細い・小さい人のジャストサイズに
合うスーツは既製品にはないんです。

小柄な人が
買えるお店はないんやで

神センス

そうは言っても
探せばあるんですよね?

塩センス

残念ながらないんや

神センス

じゃあ、小柄な
人が買っているスーツって・・・。

塩センス

大きいサイズの
スーツを着てるんやで

神センス

信じたくないですが、神センスさんが言うなら信じます。

塩センス

じゃあ、今まで
僕が買ってきたスーツって・・・。

塩センス

残念ながら
大きいんやで・・・。

神センス

 

 

なんかありそうですよね?

でもないんです。

探さないでください。

はっきり言います。

ないんです。

ここをずっとうやむやに
してる人が多いです。

自分自身もオーダーを販売しながらも
世の中だったら、既製品でもジャストな
サイズがあるかもなぁ〜も思ったりも
してましたが、ありませんでした。

既製品はジャストなサイズがないんだと
理解するだけで、ファッション
レベルがあがります。

オーダーを作ってみて、
もし満足しなければ既製品に
戻ってください。

しかしオーダーをまず
“体験”してからジャッジしてほしいです。

なぜ、小さいサイズがこの世にないの?

と思った方はyard-styleを一読して
ください。理由がわかります。

販売員の罠にはまらない

ゆったりと細いスーツの比較

お店の販売員はサイズちょうどですね!

これぐらいのゆとりがあった方がいいです。

少し詰めれば大丈夫です。

って言うと思います。

1番小さいサイズを着ても
大きいことが多いです。

“良くお似合いですね”と・・・。

このキラーワードを言って、
あなたはその気にさせるんです。

販売員は言ってみて、
お客様が少しおおきくても
“良いって思ってくれたら”
それでいいんです。

販売員という洋服を売る
営業マンなんです。

ちゃんと自分の目で見て、これくらいが
ジャストなんだと知っておくことが
大切です。

オーダースーツを買う前に決めておくこと

スーツが並んでる写真

どんなスーツが必要なのか、
ある程度
イメージしておきましょう。

オーダーの担当の方に
しっかり伝えましょう

①細身で、ジャストなスーツにしてください。

必ずはじめに、“ジャスト”なサイズに
することを伝えておきましょう。

伝えることで、このお客様はサイズに
こだわりがあるのだとわかり、オーダーの
担当者と目指すスタイルの共有が大切です。

僕がオーダーを担当してて困ったことは、
どんなスーツが良いか
イメージを伝えていただけない場合です。

ジャストが良いのか、ゆったりが良いのか、
ジャストが良いけどゆとりも欲しいのか?

伝える内容によって、採寸も変わってきます。

どんなスーツにしたいのか、しっかり伝える
ことが一番大切です。

②どんな時に着るのか?

TPOで着るスーツならデザインや柄も
気をつけなければなりません。

結婚式に参加するなら・・・。
仕事でもパーティでも使えるような・・・。

お葬式用であれば、あまりジャスト
すぎない方が良いなど。
【長く着るので体系変化も
意識しなければなりません】

上記2点を守るだけで、
オーダー時はスムーズにいきます。

全く何も決めていないと、初めての
オーダーなら“採寸”があるので、

あれやこれやで平気で2時間
ぐらいかかる可能性もあるからです。

例えると美容室です。

美容室行く前にどんな髪型がいいか
しっかり伝えることが
できたらうまくいきます。

オススメはいい感じに切って
もらった時の写真を美容師さんに
見せることです。

口で伝えるより、早いし、
ビジュアルの方が良く伝わるからです。

フルオーダーとパターンオーダーの違い

 

フルオーダーとは、

細部にわたって、
採寸からパーツも選びます。

よほどこだわりがある方には
オススメしますが、
基本的に値段が10万オーバーなので、
ここぞという時に使ってみてください。

デイリーユーズのスーツには
まだまだ高嶺の花です。

フルオーダー

メリット

  • 細かい細部まで選んで作れる
  • 世界に一着のスーツが出来上がる
  • 出来上がりで納得いかなければ、
    細かい調整してくれる
  • サイズが決まったら最高に
    自己満足する
  • サイズデータを残しておいてくれる

デメリット

  • 高い、10万〜
  • 出来上がりがイメージしづらい
  • 細かいところまで、選べるので
    採寸してくれる担当の好みがでる
  • 担当がおじ様が多いので、
    ジャストサイズにどこまでやってくれるか?
  • 採寸する人の技量で出来上がりが
    違ってくるのは、リスクがある
  • 自分と好みが違うと困ったりする
  • 納期が1ヶ月半〜

パターンオーダースーツ

僕がオススメするのは
このパターンオーダースーツです

まず名前の通り“パターン”ですので、
ベースが決まってます

ベースは決まっていて、
変更してほしいところだけ変更します。

メリット

  • ジャストサイズで着れる!
  • 失敗が少ない、ベースが決まって
    いるので、出来上がりがイメージしやすい
  • 価格がそこまで高くない
  • 価格帯が3万後半から6万ぐらいまでが多い
  • 納期が3週間〜ほどでできる
  • 一度作るとデータが残る

デメリット

  • 細部が調整できないところがある
  • 高い生地を選ぶと高くなる
  • パターンオーダーの店員は
    知識や経験に幅がある

パターンオーダーがオススメ!!

細くて小さい人は是非、
一度オーダーを作ってみてください。

ジャストのサイズ感を経験すると
必ずやめられなくなります。

注意したいのは、
中途半端なゆとりをもたないこと。

勇気を出して、ジャストサイズに
トライしてみてください。

少しゆったりが良いとオーダーの担当に
伝えると、本当にゆったりにできますので。
(⚠︎注意してください)

それだとオーダーの意味がありませんから
真顔でこう言いましょう!

むちゃくちゃジャストなスーツが

作りたいんやぁ〜!!!

ちゃんと伝えないと中途半端な
スーツが出来上がります!

細い人は限界までチャレンジ
してみてください!

まとめ

この世に、既製品でジャストなスーツは
この世にないということを知ってください。

まだオーダーを作ったことがない人は
一度オーダースーツを作ってみませんか?

パターンオーダーなら、そんなに金額も
既製品と変わりません。

出来上がりのスーツを着る時のワクワク感を
是非楽しんでみてください。

お金を払ってすぐ、簡単に手に入るより、

少し手に入るのに時間や手間がかかったり
する方が、結局良いものや
満足感があったりします。

是非コメントやメッセージを
お待ちしてます。

この記事を書いている人 - WRITER -
見た目ブランディングの専門家/インスタグラムのプロデューサー/20,000人以上フォロワーさんがいます/インスタグラムのオンラインサロン運営/関西でファッションコーディネーターとしても活動中 関西にいる子供2人のパパです。 みんなでワイワイ楽しむことが大好きです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© yappy(ヤッピー)のファッションブログ , 2017 All Rights Reserved.